« 教材 | トップページ | 市が後援する「平和祈念のつどい・東大阪」 »

2016年7月 3日 (日)

議会議案第9号の提案理由説明

題名は
平成28年6月第 2回定例会
 会議日:平成28年6月24日の一コマ
30分15秒くらいから
議会議案第9号の提案理由説明がまったく説明になっていない
小学校の終わりの会のほうがかみ合っている
このイライラとした気持はすべて松平 要 議員の質問の冒頭(前置き)でスッキリとした。
しかし大阪維新の会東大阪市議団に伝わっていないのは、採択の際に起立した絵がなんとも残念で哀れみすら感じ、明らかである
議員に適していない人たちが議員になってしまったという悲劇
 
おそらく議員なるまで今までの録画放映・議事録など勉強せずに議員になってからの
一夜漬けなのだろう。にしても12月・3月・6月と全く進歩ないのは何故だろう?
パフォーマンスに走り、市民不在の活動を行う大阪維新の会東大阪市議団は政治家を
志した原点を思い返すべきだ。しかし、原点があるのかも疑問に感じてしまう
今までは期待していただけに批判もしてきたが、今回は期待もなくなり単なる批判である
大阪維新の会東大阪市議団の信用を回復するための提案(市民というより私目線の)
まず東大阪市政に専念するため府・国レベルの活動は慎むこと。もちろん東大阪市に還元されるであろうという事で活動していると思うが足元がおろそかでは話にならない
 
上から言われて動いているのだとは思うが投票してくれた人の期待に応えるのが先である。そしてSNSは票集めに使うのではなく市の情報を発信すべき
もちろん今議会のようなレベルのもを発信されても困る。
そういえば今でも自治会アンケートの件も大きな問題と認識していないのだろうか?かなり気になる
 
 
期待もしてないと言いつつ書いているのは単に70万の給与すら無駄だと感じているからです
 

« 教材 | トップページ | 市が後援する「平和祈念のつどい・東大阪」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1769369/66316991

この記事へのトラックバック一覧です: 議会議案第9号の提案理由説明:

« 教材 | トップページ | 市が後援する「平和祈念のつどい・東大阪」 »