拉致問題

2012年12月 3日 (月)

拉致問題

23年4月1日の閣議決定により「北朝鮮当局による拉致問題」が人権教育・啓発に関する基本計画に加わりました

しかし東大阪市下のいくつかの学校で教育委員会からの通達はファイリングされたまま放置されており具体的な啓発の取り組みも考えておられない状態でした

移動により教頭、校長が変わり引継ぎが充分でないため今までの拉致問題への取り組みも知らず、拉致問題の現在の状況・国の方向性などの認識があまりにも乏しく、啓発DVD「めぐみ」を置いてありますか?と聞いて分からない。どこかに行ってしまったなど教員としてのレベルを疑うほどでした

中には「どこが拉致したかなんて言えない」と言う校長までいる始末

もっと頑張れ文教委員会!形だけの委員会でなくもっと踏み込んでください

よく平和都市宣言とか馬鹿な事をうたってる市がありますが「拉致事件解決に向けて全力で取り組む宣言」とかしなければならないんじゃないですか?

拉致され、いまだ帰ってこれない同胞がいるにもかかわらず平和宣言してる場合じゃない